ペットショップサーチ.com > 血統書について

血統書について


【 犬の血統書 】

血統書は純血の犬に発行されるもので、犬を管理する団体が発行するものです。 血統書のすり替えや偽造などもあるようですが、きちんとした正しい手続きでしかるべき団体に申請し、発行してもらいましょう。


【 交配に血統書が必要な理由 】

まず第一に、繁殖犬となる親犬両方に血統書がなければ、生まれてくる子犬への血統書の発行は不可能です。 繁殖をしない犬にとっての血統書は一つのステータスに過ぎないものでも、 交配を行う上での血統書はスタンダードの改良やカラーなどの確認、さらには遺伝性疾患を取り除いていく資料にもなります。 交配をさせる雄犬に限っては血統書の登録だけではなく、併せてDNA登録も必要になります。これがなければ子犬に血統書が発行されません。 DNA登録はJKCのホームページにDNA申請書送付依頼書がダウンロードできるようになっていますのでそちらを利用しましょう。 登録料は7500円です。DNA登録はもちろん血統書に記載されます。また、雌犬がチャンピオン犬である場合もDNA登録が必要になります。 血統書を紛失して再発行する場合にも登録が必要になりますので注意しましょう。


【 血統書発行までの流れ 】

産まれた子犬の血統書の登録には条件があります。両親犬共に血統書があっても、生後9ヶ月未満の両親犬から産まれた子犬に対しては、早期繁殖として血統書は出してもらえません。9ヶ月未満ということは初ヒートでの交配であるということで、望ましいことではないからです。
子犬が産まれる → 繁殖者は同じ母犬から産まれた子犬を全部一緒にJKCに登録、血統書の発行の申請(一胎子登録) → JKCが審査の後、繁殖者へ申請した頭数分の血統書が発行される(厳密な審査のため発行までは時間がかかります)

【 血統書発行の条件 】

血統書発行の条件は、父犬のDNA登録のほかに、血統書の名義人がJKCの会員であることが義務付けられています。会員になるための費用は入会金2000円、年会費4000円です。入会手続きは、JKCに問い合わせて近隣のJKC公認の愛犬クラブの窓口を通して手続きを行います。



血統書の発行費用
生後90日以内の一胎子登録の場合は2100円、生後91日以上の一胎子登録の場合は5300円です。
紛失などによる再発行は5300円、破損や汚れによる再発行は600円、血統書の名義変更の場合は発行から半年以内で1100円、それを過ぎると3200円になります。
名義変更は血統書の裏面が所有者名義変更届けとなっています。

おすすめWEBサイト 5選

Last update:2016/7/8

暮らす 知る フォーラム インフォメーション

ご意見・ご要望BOX

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!




Copyright(C) 2007 ペットショップサーチ. All Rights Reserved.