ペットショップサーチ.com > 犬のサイン

犬のサイン


舌でペロペロする

口をペロペロとなめて親愛の情を表しています。 犬も飼い主もリラックスしている時によく見られます。 遊びの途中や散歩中等、犬が興奮している時は少ないです。

尻尾を振る

尻尾を強く振るほど、喜んでいます。 しかし、緊張、警戒して興奮していても尻尾を振ります。 尻尾をピンと立てて小刻みに振ったり、ゆっくり上げ下げする時は威嚇の意味があります。

仰向けでゴロゴロ

仰向けに寝転がって顔や背中を地面にこすりつけます。 満足した時にします。

前足を上げる

体の動きを止めて、前足をちょっとだけ上げる。 犬が興奮している自分を強く自制するためにする。 猟犬の性質を強く残す犬は、散歩中にする事がある。

あくび

眠い時でなければ、飼い主に対するサインです。 嫌がっています。 また、飼い主をリラックスさせようとしています。

体を振る

体を激しく振るのは、犬が嫌がる事を強いられた時に自分をしずめるサインです。 犬がこの行動をしたら、優しく言葉をかけて、我慢出来た事を誉めましょう。 興奮しすぎるのをしずめます。

前足でタッチ

飼い主の注意を引くためにします。 鼻や前足で飼い主の体の一部に軽く触れてきます。 自分の要求を伝えたい時にします。

アゴを乗せる

他の犬の首の上にアゴを乗せます。 自分の優位を示します。 服従する側の犬は、余計な争いを避けるために、じっとしています。

膝の上に前足を乗せる

座っている人間の膝の上に前足を乗せる。 遊びや食事を要求しています。 すぐに要求に応じないで、簡単な命令が出来たらご褒美として与えるようにしましょう。

挨拶

体をくねらせて、お尻の匂いをかぎ合うのは、犬同士の挨拶です。 人間に対しても股間の匂いをかいだりしますが、犬は挨拶のつもりです。

警戒

口もとをギュッとしめ、尻尾を水平に伸ばします。 耳を前に傾け、つま先立てて、遠くの方に注意を払っています。

服従

仰向けでお腹を見せます。 尻尾をお腹の方に引っ込めます。 視線はそっぽを向いています。 臆病な犬は、お腹を見せながら、おしっこをもらす事があります。 人間に対して頭を地面にすり寄せるようにしながらひっくり返り、おしっこをもらすのは、相当その人間を恐がっています。 そのままで唸るのは、脅えながらも服従したくないのです。 この場合はいつ飼い主が噛まれてもおかしくないほど危険な状態です。

鼻で飼い主の顔を突き上げる

遊んでいる時、甘えている時にします。 感謝の挨拶としてする事もあります。

人間の敵対関係

飼い主が他の人と並んで歩くと、犬は飼い主とこの人が友好関係であると思います。 反対に、お互いが向き合って話していると、敵対関係であると思い、攻撃を起こしかねません。

回って伏せ

寝場所を掘るという祖先からの習性を受け継いだもので、土以外でも選んだ場所の匂いを嗅いで、爪を立てて前脚で掘ります。 少し掘るとぐるぐる回って伏せになり、想像上の穴に落ち着きます。 犬は暑さから逃れようと冷たい土を掘ることがよくあります。 掘って数回まわり、くぼみの冷たさを感じられるよう体を丸めてうずくまります。

マーキング

雄犬は縄張りを他の犬に伝えるために、尿をちょっとずつ引っ掛ける。
雌犬の場合は縄張りの主張はしないが、自分の発情を雄に知らせるためにします。 自分のためにマーキングして、安心して動ける範囲を確認するという意味もあります。
雄犬は片足を上げて尿をするが、これにも意味があり、出来るだけ高い位置にかけることによって、散歩している犬の鼻の高さになる。
そうすると臭いを嗅いでもらいやすい上に、自分のした尿の上にまた他の犬の尿をかけられることが無いと考えている。

Last update:2016/7/8

犬のサイン
暮らす 知る フォーラム インフォメーション

ご意見・ご要望BOX

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!




Copyright(C) 2007 ペットショップサーチ. All Rights Reserved.