ペットショップサーチ.com > トイレのしつけ

トイレのしつけ


【 トイレのトレーニング方法 】

  1. ハウスの近くにトイレを設置。最初はトイレをサークルで囲い、全面にペットシーツを敷く。
  2. 排泄のサインを見せたらトイレへ。犬が自分でするときと同じ状況にするため、扉からの出入りが原則。
  3. 排泄するまでそっとしておき、排泄し始めたら、「トイレ、トイレ」など、やさしく声をかける。
  4. 排泄したら、その場ですぐ「いいコ」とほめ、ごほうびをあげる。「排泄したらいいことがある!」と覚えさせる。
  5. 扉を開けて犬を出し、ごほうびとして一緒に遊んだり、自由にさせる。

【 犬の排泄のタイミングとサイン 】

  • 目が覚めたとき
  • 水を飲んだとき
  • 食事のあと
  • 遊んで興奮したあと
  • 床のにおいをかいで落ち着かない様子のとき
  • その場をクルクル回るようなしぐさを見せたとき
失敗しても叱らない、騒がないこと
叱ると、排泄したこと自体を叱られたと勘違いし、隠れて排泄するようになったり、排泄をがまんして膀胱炎
になることも。 また、騒ぐと犬はかまってもらえたと勘違いすることも。
失敗を見つけたら、無言で素早く片づけ、においは消臭剤で完全に消しておく。
犬がトイレを失敗したのは、きちんと行動管理をしなかった飼い主の責任です。


【 トイレを覚えられない原因は? 】

  • 飼い主がしっかり行動管理をしていない
    完全に覚えるまでは、ちょっとの時間でもハウスに入れて管理を。
  • トイレの大きさが合っていない
    最初は中で十分動き回れるぐらい余裕のあるものを用意。慣れてきたら徐々に小さくしていってよいが、体がしっかりおさまるサイズにする。
  • トイレが汚い
    犬は汚れた場所では排泄しないので、ペットシーツは1回1回取り替えるのが基本。留守がちでそれが難しいなら、1週間替えなくてもいいタイプのトイレなどを利用するのも手。除菌・消臭剤を振ればばっちりです。
  • 排泄のタイミングが合っていない
    なるべく規則正しい生活をしたうえで排泄記録をつけてみるといい。タイミングが分からないなら、30分ごと、1時間ごとというふうに一定時間ごとに連れていこう。
  • トイレの場所が落ち着かない
    部屋の中央や、人の出入りの多いドア付近は落ち着かない。部屋の隅や落ち着いてできる壁際に置く。
  • 排泄するとき、犬をずっと見ている
    排泄は安心してできる状況でなければできない。ジーッと見ていたり、イライラした態度はNG。
暮らす 知る フォーラム インフォメーション

ご意見・ご要望BOX

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!




Copyright(C) 2007 ペットショップサーチ. All Rights Reserved.